体幹を整える、

ブレない身体づくり

体幹チューニング・カラダ調律師 養成講座

治療家の道20年、経営14年の中で見えてきたもの

 

 

本物の健康とは・・・

本物の施術とは・・・

どのように社会貢献していくか・・・

どんな社会にしたいのか・・・

子どもたちに何を残していくのか

それらを追求し進んでまいりました

 

 

 

子どもたちは大人の背中を見て未来を描き、

憧れを抱き、夢を描き、目を輝かせるのです

 

 

しかし、このストレス社会と呼ばれる現代・・・

大人は疲弊し、輝きを失いかけているのです

 

 

 

多くのお父様、お母様、教育者、介護者、医療従事者、警察官、政治関係者の方々など

 

施術させていただく中で、腰痛、頭痛、肩こり、めまい、不眠、原因不明の関節痛・・・

 

痛みだけでなく、ストレスによる精神疾患・・・

 

 

その結果が現在の日本の自殺者数に現れていると思います

 

 

 

 

生活のために、痛みや心の病と戦いながら

業務やサービス、教育にエネルギーを注ぎ

頑張っていらっしゃる方が非常に多いのです

 

  

もし、その痛みや病がなかったら、

当然のごとく、業務やサービスだけでなく、

人に与えることができる影響力ももっと輝くのでは・・・

 

 

 

そして、本来あるべき姿に戻ることで

日本の自殺者半減に貢献できるのではないか

 

その想いで施術にあたらせていただけたことで、

あることに気づかせていただけました

 

心身ともに不調を訴える方の共通点

心身ともに不調を訴える方の共通点は4つありました

 

 

”横隔膜(おうかくまく)が硬い”

 

”呼吸が浅い”

 

”冷え、低体温”

 

”骨格の歪み”

 

 

この4点に気づき、改善できる治療法を探求してきました

そこで出会ったのが「体幹チューニング」という治療法でした

 

 

「体幹チューニング」とは

 

”横隔膜(おうかくまく)が硬い”

”呼吸が浅い”

”冷え、低体温”

”骨格の歪み”

 

身体の不調を訴える人に共通するのはこの4点です

「体幹チューニング」は

横隔膜へのアプローチにより、横隔膜が緩み、呼吸が深くなります

 

 

1.体のブレを無くし 支持力の向上

 

2.呼吸が深くなることにより酸素摂取量が増え

      肉体の疲労を回復させる 回復力の向上

 

3.自律神経が安定し 精神力の向上

 

 

この3つを誰もが体験、体感できるのです

〜身心統一体〜


身体が整うことで心が整ってきます

 

心のバランスを取ろうとしたり、

薬を飲んで身体を調節しても、

原因は骨格の歪み、横隔膜の硬さなので、

一番の近道は体を整えることなのです

 

 

その日その日で起こる出来事が違うように、

皆さまのお体もその日その日で状態が違うのです

 

 

その中で、重要なのが

 ”調律”、 ”チューニング”

なのです

 

 

楽器も演奏前には必ずチューニングするように

人の体も活動前にチューニングをしてから活動する必要があるのです

 

 

身心の整った状態で過ごす一日と、

身心ともにブレた状態で過ごす一日では

雲泥の差が出るものです

 

 

 

皆さま方のエネルギーの高さと質が覚醒することとなるのです!

 

 

その整った状態で、

教育や医療、介護などをされると業務の質が必ず上がるのです

 

 

サービスする側が好調であればあるほど、

サービスの質が高まり感動が生まれるのです

 

 

 

呼吸が浅く焦った状態で作られたものと

呼吸が深く楽しみながら作られたもの

 

これらは全く別物となるのです

 

 

 

業務に限らず、整った状態で送る一日と、

整っていない状態で送る一日

 

一日だけを見るとその差は微量かもしれません

 

 

しかし、一年、二年、・・・・十年・・・・ 

毎日の積み重ねは大差を生むのです

 

 

これは対人だけではなく、

物を作ったりする方にも同じことが言えるのです

 

 

 

今の時代、高度な技術が進み、

便利な世の中になればなるほど、

失われていく人の温もりや人のつながり

 

 

肚の文化である日本が、思考などの駆け引きが多く見られるようになった現在

 

 

すべきことは、日本人が日本人らしさを取り戻すこと

 

 

そして、人の温もり、人のつながりを取り戻すこと

 

 

そのためには自身の身体を整え、

自分で自分を自分にすることが一番の近道なのです


米俵5俵300kgを担ぐ女性たち。

昭和14年ぐらいの写真だが

昔の日本人には”普通”だったとされる!

(山形・山居倉庫資料館)

 

「鍛える」から「ゆるめる」

人間の身体は、筋肉や臓器などを含め、液体成分でつくられています。

 

約70%は水なのです。

 

 

当然、質量の多い体幹部も液体成分であり、

そこをいかにゆるめるかということが重要になります。

 

そして地球には重力があり、その重力によって、脳を含めた身体の機能が活性化します。

 

 

この重力をいかに活用するかということが、

スポーツは勿論、あらゆる動きの元となるのです。

 

まさに重さの力が、動きとなるのです。

 

地球の重力を感じることが出来る体幹をつくること。

 

そのメソッドが『体幹チューニング』なのです。

 

 

 

現代においては、身体を鍛えることに重きを置く傾向がありますが、

それ以前に、身体を水のように【ゆるめる】ことが大切であり、

それこそが本来あるべき姿なのです。

 

 

 

身体の変容が、心の変容となり、物事の捉え方などの思考にも影響していきます。

 

身体が変われば、思考が変わり、思考が変われば、結果も違ったものになります。

 

自身の身体を【成功する身体】にすることにより、

所作が変わり、

人間関係や目標達成能力が上がり、

不可能が可能になるのです。

 

 

 

人体の法則を知り、重力を味方につけて、【成功する身体】をつくります

 

それが「体幹チューニング」です

現代の身体トレーニングを凌駕する

日本人の身体の使い方とは

 

昔の日本人は日常動作から、

物を運ぶ動作においても、自然と体幹を使っていました。

当時は、帯やタスキなどで体幹を占めて、丹田に力を込め、

仙骨や胸骨、背骨の使い方などによって、

重力に対して体幹を垂直に立てるように工夫していったのです

 

この重力をいかに活用するかということが

あらゆる動きの元となるのです

 

呼吸法や武術における身体運用法などの自力で身体を水のようにゆるめ、

他力としての重力を感じることができる体幹を作ること

 

この法則に則った「自力と他力の融合」

本来の日本人の身体の使い方だったのです

 

だからこそ、例えば自分の何倍もある重さの荷物を担ぐこともできたのです

自分の身体を「法則に則った身体」にすることにより

所作が変わり、人間関係や目標達成能力が上がり、

不可能が可能になるのです

現在、先進国と言われる私たちが住むこの日本という国だは

これだけ科学技術が進歩しているにも関わらず

多くの方が、さまざまな病気を抱えて暮らしています

 

これは現代人が自身の身体と向き合っていない

ということでもあります

 

 

車には定期的にメンテナンスをする車検がありますが、

人間の身体には定期的なメンテナンスをする機会を

ほとんどの人が持っていません

 

定期的に人間ドックを受けている人でも

上記に上げた4つの不調の原因について

人間ドックで指摘されることはまれです

 

残念ながらその改善をしてくれることもありません

 

現代医学の全てを否定するわけではありませんが、

多くの方々が抱えている慢性疾患に対して、

現代医学だけでは不十分なのです

 

そして、目を向けるべきは

自分自身の中、 ”肚” にあるのです

 

先祖代々から受け継いできたもの

先人が伝えてきた文化

 

近代の西洋化によって忘れ去られようとしている

日本古来の知恵が今、改めて注目されています

 

日本人が古来から伝えてきた肚の文化を

身体の中で覚醒させる術

 

それが「体幹チューニング」なのです!

 

「カラダ調律師」〜体幹チューニングのプロ〜

日本人が日本人らしさを取り戻す

 

そのための身体を整えることが必要不可欠です

 

 

ストレスがあふれる現代社会において

 

「体幹チューニング」は必須なのです

 

 

今、私たちはその「体幹チューニング」の施術をできる

 

身体のチューニングのプロの育成を急務として進めております

 

 

「体幹チューニング」の施術を行う身体のプロ

 

それが「カラダ調律師」です

「カラダ調律師」は、体幹チューニングを施術するための認定資格です

 

●施術をすることで水の袋のように緩んだ状態を体感させることができます。

●究極のリラックス状態を体感させることができます!

●腹圧の大切さを理解して、体幹を整えます!

講義内容

 

体幹の構成:筋・骨格、腹腔、構造医学的解釈

体幹メカニズム:腹圧、腹式呼吸、自律神経

目的:カラダを調律する、回路をつなぐ

資格取得の流れ

 

【初級】基礎理論・実技

               ▼

【中級】応用理論・実技

               ▼

【カラダ調律師】資格認定


カラダ調律師 養成講座

受講料:300,000円  (税抜)

受講期間: 2日間 前期(初級編)後期(中級編)

更新料: 15,000 円 (年間)

日本人が日本人らしさを取り戻し

ブレない身体になったとき
より多くの人がその持てる能力を最大限に発揮し

子どもたちが憧れる

かっこいい大人が溢れる日本という国になるはずです

 

そのためにも身体を整えることができる
「体幹チューニング」を行う身体の調律のプロ

「カラダ調律師」を増やしていくことが求められているのです

ぜひ、あなたも私たちの仲間として
「カラダ調律師」を目指してみませんか?